アラサー三児の育児オヤジブログ

〜日々の暮らしを豊かに〜

子どもとご飯の時はテレビを消しますか?大切なのは楽しい食卓





我が家には2歳にの息子と0歳の双子娘がいます。


朝ごはんや夕ご飯などの家族の食卓の時って
テレビはつけてますか?消してますか?


2歳の息子は食べる事が大好きですがテレビも好きです。



なので、たまに
「アンパンマン(録画したもの)見たい」
などと食事中にグズリ泣いてしまう時があります。


我々親としてはよそ見せずに【楽しく食事】してほしいという事が本心であり願いです。





ご飯が始まる前からテレビは消しておく

「アンパンマン見たい」と泣いてグズってしまう時は大体


アンパンマン見ている

食事開始

アンパンマン消す

泣きグズる

食事放棄


となってしまう場合が多いです。

なのでご飯開始10分前くらいからアンパンマンは終了し、ご飯の準備(配膳等)を一緒に手伝ってもらい、
楽しいご飯の時間をみんなで作成するように促していきます。


ご飯を食べなくなるくらいならテレビみながら!

しかし、毎度上手くいく事もありません。
バタバタした普段の生活の中なのでイレギュラーもあります。

「ご飯食べるよ!」
の時にアンパンマンついてる時もあります。


そういう時は無理に消してしまわず

ご飯食べながらアンパンマンを一話みてからキリの良いところで消すようにしてます。


そこで泣かせてしまったりグズってしまう事もあります。


「このお話だけみよう」
「食べ終わったらまたみよう」

もちろん聞き分けがきかないですが
なるべく1つ1つ筋違いにならないように気をつけています。



泣き叫んで全く食べなくなってしまったら
ながら食べ解禁です。

これはもうこちらの不備


「今日は特別だよ」


明日からまた仕切り直しです。



大切なのは楽しい食事

テレビを消していても、よそ見しながらご飯を食べていても食事自体が楽しい事と伝わらなければ元も子もありません。

親子、夫婦が食事を通してコミュニケーションをとり楽しい食卓にする事が一番大切。


「ごはんのせいでアンパンマンが見れない、
ごはん嫌だ」

と思わせない事。

「アンパンマンも好き!」

「ごはんも好き!」

がベストです。

「〇〇美味しいねー」
など話しながら食べる事に興味をもてるように。


2歳3ヶ月の息子は食べる事に積極的です。
まだぎこちないですが今は箸を使って食べています。


好きこそ物の上手なれ


親は健康に大きくて育ってくれる事を願います。